多くのサロンから選ばれている製品とは

業務用脱毛器を選ぶポイント

1回の施術に掛かるコスト面

業務用脱毛器を選ぶ際、コストは重要なポイントになります。エステを開業するには様々なコストが掛かり、抑えられるところは抑えていかなければ経営が苦しくなってしまいます。そのため1回の施術でのコストを抑える必要があります。従来の業務用脱毛器は1回の照射で約20円~30円も掛かりました。それにプラス人件費となると相当な金額になります。しかし、今の業務用脱毛器は約0.5円~1円ほどになっているので、購入する際はコストを考えながら選ぶとよいでしょう。

大きさと簡単操作

店舗の大きさにもよりますが、業務用脱毛器が大きすぎると操作性や移動時の邪魔になってしまいます。そのため、コンパクトサイズの業務用脱毛器を選びましょう。コンパクトにすることで、操作性は上がり、脱毛器周辺の掃除もやりやすくなります。
また簡単に操作できるものを選ぶのがポイントになります。簡単な操作だと初めて使用する場合でも対処しやすくなります。店舗の広さや使用目的に合わせて選ぶと、失敗することはありません。

デザイン

お店の雰囲気に合ったデザインの業務用脱毛器を選ぶことは重要です。実際、女性の方が多く来られるため、細かい所を見られることはよくあります。おしゃれな雰囲気の店にアンバランスな色使いの脱毛器だと浮いてしまいます。
デザインはお店にあった色使いと形の機器を選びましょう。しかし、デザインだけではなく、使いやすさにも注目して購入するようにしてください。

価格

業務用脱毛器を購入するときは予算も重要ポイントです。実際に業務用脱毛器は約300万円もします。また、脱毛器を使用する際は、強力な光を使うため脱毛器が熱くなってしまいます。そうなると、定期的に脱毛器を冷やす必要が出てくるのです。冷やし方は、冷水式と空冷式があります。冷水式の冷やし方はコストがかかる分、連続照射をすることができます。一方で、空冷式の場合は、コストはそこまでかかりませんが連続照射をすることができません。脱毛器の使用方法や予算に合わせて選ぶのがベストでしょう。

機能が豊富

業務用脱毛器は脱毛だけではなく、他にも機能がついてるものもあります。中にはニキビケアやバストアップの施術ができるタイプもあります。そのため、いくつもの機器を揃える必要もなくなり、1台で何役もできるタイプの業務用脱毛器を選ぶのが良いでしょう。価格やデザイン、照射コストと機器の性能を十分に理解して購入を検討しましょう。